2013-10

KOBEデザインの日記念イベント2013〜中小企業のための障がい者雇用入門セミナー〜

KOBEデザインの日記念イベント2013〜中小企業のための障がい者雇用入門セミナー〜

開催日 2013年11月20日 (水) 14:00~17:00
開催場所 神戸国際会館セミナールーム704(神戸市中央区御幸通8-1-6)
アクセスマップ http://www.kih.co.jp/access/
講師 秦政氏(NPO障がい者就業・雇用支援センター理事長)
リクルートを経て特例子会社リクルートプラシス設立、日本経団連障害者雇用アドバイザー等の経歴を持つ
箕輪優子氏(横河電機株式会社 )
横河電機株式会社人財労政部を経て特例子会社横河ファウンドリー設立、厚生労働省 就労支援専門官等の経歴を持つ
対象者 神戸市内の中小企業経営者 50名(WEBから事前申込制)
参加費 5,000円
共催 神戸市(企画調整局デザイン都市推進室)
株式会社プラスリジョン
後援 神戸商工会議所 http://www.kobe-cci.or.jp/
神戸青年会議所 http://www2.kobejc.or.jp/2013/
神戸モトマチ大学 http://kobemd.com/

企画主旨

「障がい者雇用?うちの会社は雇用せんとあかん規模なん?経営と雇用の両立できるん?雇用したいけど何ができるん?どんな配慮がいるん?」

障害のある人の自立・社会参画は我が国のまた神戸市の重要課題です。
神戸市の障がい者数は9万8千人(H22年)、H26年推計11万人。うち就労対象人口は3万6千人(H22年)、H26年推計4万1千人。福祉施設から一般就労した人はわずか114人(H22年)。一方で、法定雇用率の改定により従業員規模50人以上の企業では全従業員に対して2.0%の障害者雇用が義務付けられており、その対象事業者数は神戸市内で2千を超します。障がい者を雇用したいが、何ができるのか何に配慮しないといけないのかわからないといった企業はいまだ多いのが現状です。雇用する企業側の障害理解がすすめば、神戸市の課題である障がい者の社会参画はすすみます。
当セミナーでは、中小企業経営者の本音に対して、障がい者雇用についておさえておきたいポイント、経営と雇用の両立を果たしている好事例、障害特性と合理的配慮の実践のご紹介など、中小企業経営者が知っておきたい情報に絞った内容を企画します。
障害に対する視点を変えることで、障がい者雇用についてのデザインを考えるきっかけになれば幸いです。 みなさまのご参加をお待ちしております。
 

参加お申し込み方法

お申し込みは閉め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!!


2013-10-01 | Posted in お知らせ